カードローンの支払いを遅延させた際のデメリットと正しく利用するための心得

カードローンは専用のカードをATMに入れることで借り入れや返済の手続きが出来る小口融資の一種です。コンビニなどの小売店に置かれているATMが利用できる利便性の高さから広く普及している一方で、返済が間に合わずに遅延させてしまうケースがあります。
カードローンの返済方法は銀行や貸金業者によって方法が異なるので、利用する際は規約内容をよく確認することが大切です。特に利用限度額を増額した場合、自動的に返済額も増えることがあるので意図せずに返済を遅延させてしまうことがあります。しかし返済の遅延は理由の如何を問わず社会的な信用を大きく下落させる行為なので、通常の返済の他に遅延損害金の支払い義務が発生します。借入金の返済以外にも余計な支出が生じることで家計が圧迫されてしまう点を注意します。また、遅延を頻繁に繰り返すと悪質な債務者と見做され、カードローンの利用が出来なくなる可能性もあるので返済は遅延せずに必ず指定日までに行うのが社会的な責務です。
カードローンは急にまとまった金額の現金が必要になった際、一時的な補填を行うのに適しています。そのため、おまとめローンを比較し不測の事態になった時に借り入れが出来る状態を維持するのが正しい扱い方なので、返済が遅れてしまう程の借り入れは行わないことが大切です。